台湾経済

国発会、三倍券、1,730億元の経済効果をもたらしたと発表

投稿日:

経済部は2021年1月1日、経済振興を目的に発行した三倍振興券の受領状況を発表しました。2020年12月31日までに2,332万人強、98.35%の市民が実券或いはデジタル券を受領し、2020年7~11月の飲食及び小売業の営業額は過去同月最高を記録しました。国発会主任委員龔明鑫の予測では振興三倍券がもたらす経済効果は1,790億元に及ぶとしています。

経済部が2021年元旦に示したところによれば、振興三倍券の目的は市民に外出を促し、消費を促進し民間経済を活性することにあり、2020年12月31日までの統計で実券及びデジタル券の受領は2,332万人を超え、そのうち、紙の実券は約2,151万分、デジタル券は181万件に及ぶとのことです。

その他、2020年11月に追加で台湾の永住居留証保持者並びに外交官員証保持者に開放した三倍券の部分においてはそれぞれ7,144人、793人が受領をしました。

店舗企業側の換金においては、2021年3月31日まで全国6,221の銀行、郵便局、農漁会、信用合作社等の金融機関で換金ができ、12月30日までの換金額は約611億元に及びました。

経済部は、振興三倍券政策の推進によって、施行される2020年7月以前の小売業営業額が連続5ヶ月マイナス成長であったのが、8月から11月までいずれも過去同月の記録を更新し、コロナの影響を受けた飲食業においてもプラス成長に転じ、9月から11月まで過去最高を記録しました。まで零售業營業額在去年7月終止連續五個月負成長後,8至11月均創下歷年同月新高;受疫情衝擊餐飲業,也轉為正成長,9至11月創下歷年同月新高。

振興三倍券とは

振興三倍券とは新型コロナウイルスの経済への影響に対して、経済振興を目的とした台湾政府が発行した消費専用券。2020年7月15日から12月31日まで発行された。1000元で購入(国庫へ納付)することによって額面3000元の消費券が受け取れるもので、一部の用途をのぞき全ての店舗、レストラン等で使用ができる。紙券の他、クレジットカード、デジタルペイメント等に紐付けができる。

-台湾経済

Copyright© 台湾のトリセツ , 2021 All Rights Reserved.