台湾時事

2021年台湾カレンダー

更新日:

<2021年1月9日更新>

※公開していました2021年の台湾カレンダーの中で、4月5日は出勤日としていましたが、変更があり祝日となっていました。訂正させていただきます。

2021年の春節はいつ? 休みは?

明けましておめでとうございます。新しい年が皆様にとって良い年でありますようお祈り申し上げます。さて、台湾も新年を迎えましたが、台湾をはじめとする中華圏では今でも旧暦が生活の中に息づいており、どちらかというと元旦よりも春節の方を盛大に祝います。

さて2021年台湾の休日やカレンダーはどうなるでしょうか?さっそく2021年の台湾のカレンダーを見てみましょう。

2020年5月28日に行政院人事行政総処から正式な休祝日を含み2021年のカレンダーが公布されました。

2021年の春節は2月12日ですので、2月10日から2月16日までが春節休暇の7連休となります。2月20日、9月11日は休日の振替で出勤日となります。

2021年台湾国定休日は?

  • 1月1日 開国記念日
  • 2月11日 除夕(大晦日)
  • 2月12日 春節
  • 2月13日 春節(初二)
  • 2月14日 春節(初三)
  • 2月28日 和平記念日
  • 4月4日 児童節
  • 5月1日 労働節(メーデー)
  • 6月14日 端午節
  • 9月21日 中秋節
  • 10月10日 国慶節

上記は「公務人員週休二日實施辦法」の107年8月31日改正法によって規定された国定休日です。上記以外にに原住民族の伝統祭事にあわせた原住民族特定の祝日があります。

西暦2021年は民国110年

現在の台湾は、戦後中国大陸における共産党と国民党による国共内戦で敗れた中国国民党が中華民国の政治体制を持ち込んだもので、西暦の他に中華民国の建国された1912年を民国元年とする民国年を用いています。

従って西暦から1911を引くと民国年となり、今年2021年は民国110年となります。

2022年の台湾カレンダーは?

2022年の台湾カレンダーはこちらをご覧ください。

2022年(民国111年)台湾カレンダー 行事曆

2020年の台湾カレンダーはこちら。

台湾カレンダー2020年(民国109年)行事曆

-台湾時事

Copyright© 台湾のトリセツ , 2021 All Rights Reserved.