台湾政治

蔡英文総統国慶節演説全文

更新日:

蔡英文台湾総統

大会主席蘇嘉全院長、ご来席の来賓の皆様、テレビ及びネット中継をご覧の全ての国民同胞の皆様、おはようございます。今日は。

本日は中華民国108年の国慶日です。世界各地からいらっしゃった友人の皆様、私たちと共にこの記念する日を過ごしていただけることに感謝申し上げます。

この日は全国2300万人民の日です。また、馬前総統、呂副総統、呉前副総統、及び各政党の主席に、一緒に国慶を祝っていただけることに感謝申し上げます。

昨年、同じく国慶日に皆様に申し上げました。台湾は今変化の真っ只中にいます。世界貿易情勢の変化、国際政治情勢の変化、全て未来への大きな挑戦です。私たちは「安定を求め、変化に対応し、進歩」しなければなりません。実力を養い、壮大な台湾を作りましょう。

この一年を振り返れば、世界は引き続き速い変化を続けており、その潮流は更に激しくなってきています。米中貿易戦争は継続し、私たちの身近にある香港においても「一国二制度」の失敗によって混乱の中にあります。

それにも関わらず、中国は依然「一国二制度台湾案」によって絶えることなく私たちを脅し続け、並びに各種の文武両面での威嚇を続け、この地域の安定と平和に強烈な挑戦をしています。

各国民同胞は、自由民主への挑戦、中華民国生存発展への脅威と捉え、必ず立ち上がり守りきらなければなりません。「一国二制度」の拒絶は、党派に関係なく、立場に関わらず、二千三百万人の台湾人民にとって最大の共通認識です。

中華民国が台湾の地に立ってから70年が過ぎでおり、一旦「一国二制度」を受け入れたならば、中華民国の生存空間は無くなってしまうでしょう。総統として国家主権の防衛に立ち上がります。これは挑発ではなく、私の最も基本的な責任です。

七十年来、私たちは共に数々の厳しい挑戦を経験してきました。それぞれの挑戦は私たちを叩きのめすどころか、私たちを更に強く、更に堅固にさせてくれました。

私たちは、共に八二三砲撃戦を戦い抜きました。共に一九九六年台湾海峡危機を乗り越えてきました。また、そしてまた、と文武両面での威嚇は台湾人民を屈服させたことはありません。私たちは共に、私たちが根を下ろしたこの土地を守り抜いてきました。そして私たち国家の主権を守り抜いてきました。

私たちは、国際連合の脱退というパニックを乗り越えてきました。また、そしたまたと、断交の圧力を受け止めてきました。しかし、世界へ向けて歩き続けるという台湾人民の決心は全く変わることはありません。

一九七〇年代の石油危機、一九九七年のアジア通貨危機、二〇〇〇年のネットバブル崩壊、更に十年前の世界金融危機。経済は常に挑戦に満ちています。しかし何もないところから世界を切り開いてきた台湾企業、加えて努力と創意工夫を行なってきた台湾人民は、私たちに、また、そしてまたと、危機を転機へと変え、台湾の経済を持続して前に進めてきました。

私たちは八七水害、九二一地震、SARS大流行、八八風災を乗り越えてきました。天災病魔の試練は台湾人民の奮闘する生存の意思を打ち破ることはできませんでした。 ふるさとが壊れても、私たちは再建をします。土地が傷ついたとしても、私たちは復元します。涙を拭き、再び立ち上がります。明日はまた希望に満ちた一日になるでしょう。

これらの共同の記憶は、台湾人民の粘り強さにスポットが当たっています。このような粘り強さは私たちをアジア四小龍の一員に押し上げました。私たちは民主化への困難な道のりを歩み、世界のなかで重要な民主主義の模範となりました。

私たちの共同の歩みは一段落し、所属する党派に関わらず、この土地で暮らす人民はこれを引き裂くことはできません。中華民国は誰かの専売特許ではなく、台湾を何人も独占をすることはできません。「中華民国台湾」の六文字は決して青色でもなく、緑色でもありません。これは全ての社会の共同認識なのです。

未来を展望すれば、この先には更に多くの挑戦が待ち受けています。私たちは一つ一つ克服していかなければなりません。

私たちは中国の発展と拡大を目の当たりにしてきました。権威体制によって民族主義と経済力を結び付け、自由民主主義の価値と世界秩序に挑戦をしています。従って、インド太平洋地区戦略の前線に位置する台湾は民主主義価値の第一防衛線としての役割を果たさなければなりません。

中国は「シャープパワー」を使って徐々に迫りつつあります。しかし、私たちには良く分かっています。地域の重要な構成員として台湾は国際的責任を果たしていきます。私たちは挑まず、犯さず、共通の理念を共有する国と結びついて、台湾環境の安定した現状を確保し、現状を変えることはありません。

これらを為すためには、私たちは団結しなければなりません。台湾社会は民族、世代、信仰、党派の違いの為に争いが起きたとしても、対話を通じて私たちは必ず受け入れることが出来る最大公約数を見つけ出すことができるでしょう。経験が証明している通り、衝突、対話、団結進歩、これらは国家を正しい方向に導き前進させます。

私たちは自由民主の価値を守り抜けなければなりません。台湾人民はこれまでに共に民主化への苦難の道を歩んできました。民主主義は時に紛争を起こすこともありますが、民主的制度のみが、得ることが難しい自由を保障することができ、次の世代に未来を決定する権利を与えることができるのです。

私たちは壮大な大台湾を維持していかなければなりません。この三年、私たちは経済構造の調整に努力してきました。産業のアップデート、転換を主導し、国際多元的な展開を推進してきました。私たちは投資大爆発を迎え入れ、世界経済の変化の中で安定した歩みを進めています。方向は間違っていません。私たちは引き続き前進をしていきます。

この三年、私たちは社会的公平の維持に努力してきました。昇給減税、全面的な介護、全国民に経済成長の果実を分配に努めてきました。将来、長期介護2.0のアップデート、幼児教育の補助拡大の推進、民衆負担の低減、全ての人々が高品質の保護、介護を共有できることが、引き続き政府が努力していく方向性です。

この三年、私たちは自主国防を推進してきました。最新武器の購入、国軍の士気向上、戦力の補強強化を進めてきました。国産の高度訓練機のプロトタイプが完成したところであり、国産の艦艇も引き続き国軍に加わってきます。国土を防衛し、自由民主を堅守する。

この三年、私たちは積極的に国際間に参画し、責任を持ち、貢献をし、地域の平和と安定を維持してきました。良心の力は欠けてはいけません。私たちは引き続き理念を共有する国家と手を取り合って更に実質的な協力の機会を得ていきます。

未来の道ははっきりしています。目標も明確になっています。

第一に国民が引き続き自由民主主義の旗印の下団結し、国家の主権を堅持していきます。

第二に壮大な大台湾を維持し、経済実力を強化し、人民を豊かに国を強固にしていきます。

第三に積極的に世界に出ていきます。中華民国台湾は国際舞台上で頭を上げ胸を張り、勇敢に自信をもって困難を克服し挑戦していきます。

前四半期、私たちの経済成長はアジア小四龍のトップに返り咲きました。世界経済フォーラムは私たちを四大「スーパーイノベーション国」の一国として評価をしました。私たちのハイテクノロジーとイノベーション産業は世界の最先端を走っています。

私たちのスポーツ選手、私たちの職業技能国家代表、無数のクリエイティブなデザイナー、芸術家、彼らは国際舞台で光り輝き、台湾に栄誉と誇りをもたらしています。

私たちが自ら作り上げた福衛五号、そして続いて福衛七号が空に上がり、宇宙技術の実力を発揮しました。人類史上初めてブラックホールの映像を観測しましたが台湾の科学チームもこのミッションに参画しました。

私たちは宇宙に行くことが出来ます。五千五百万光年先のブラックホールを見ることが出来ます。では、目の前にあとどのような挑戦があったとして、私たちは立ち向かう勇気がないということはないのではないでしょうか?

歴史的な試練において、私たちは忍耐力を持って成長の力に変えてきました。天災の挑戦において、私たちは努力によって再生の契機に変えてきました。この土地において努力している人、一人一人の努力が、私たちの国家を一日また一日と良くし、更に進歩をさせています。

国慶節のこの日、この土地に立つ全ての人民が、自由民主主義の旗の下団結し、未来に対して安心し、安定して困難を克服していきましょう。台湾に紙のご加護があるますように。台湾頑張れ。中華民国頑張れ。ありがとうございました。

【日本語訳】重金利宏

中国語原文はこちら

-台湾政治

Copyright© 台湾のトリセツ , 2021 All Rights Reserved.