台湾経済

市場最悪の大企業によるリストラの流れか?最新の無給休暇、大量解雇統計は予断を許さず

更新日:


今年に入り国内の経済情勢は不安定な状況が続いており、少なからず企業の大量解雇、無給休暇のニュースが飛び交っている中、労働部は9月2日に最新の無給休暇、大量解雇の統計を発表します。経済界からは統計指数が引き続き悪化するとの悲観的な見方が広がっており、史上最悪のリストラブームが来るのではないかと警戒が高まっています。

労働部の8月中旬の労使協定による労働時間減少概況(無給休暇)によれば、7月末に比べ6社増え、対象人数も1,341名増加し、無給休暇を実施している企業は26社、2,012名に上っておる、年初来最も高い数値となっています。

大量解雇については、今年上半期で92社、8,275名、そのうち7社以上社員500名以上の大企業となっており、これは2013年以来の最も悪い数字となっています。

下半期においては、太陽光発電産業で大幅なリストラが実施され、加えて中連貨運、台糖超市等経営状況が悪化している企業の倒産も危惧されています。

労働部の統計によれば、大量解雇のピークだった2015年には上半期だけで135社、9,540名が解雇されており、うち114社が社員100名以下の企業で社員500名以上の企業は2社だけでした。労働部の関係者は推移を注意深く見守っていると述べています。

-台湾経済

Copyright© 台湾のトリセツ , 2021 All Rights Reserved.